KICとは01

KICとは

KICはシンプルな投資顧問サービスです。大きく利幅をとるのではなく、コツコツと利益確定しているのがKICのスタイルです。
経験豊富なプロのアナリストがお客様の株式投資をサポートいたします。

無料メルマガ02

無料メルマガ

当社運営サイト【日本経済トレンド】当日の株式市況概要、主なニュース(注目されているニュース)や市況の解説、推奨銘柄の結果・追跡などの情報を無料でお届けするメールマガジンサービスです。
日本経済トレンドへ

初めてのお客様へ03

初めてのお客様へ

KICではすべてのお客様に「わかりやすく」をモットーとしています。
初めてのお客様へ
ご質問お問い合わせなどはお気軽にコチラからどうぞ。
お問い合わせへ

投資顧問サービス

株式投資初心者の個人投資家様でも安心でシンプルな投資顧問サービスです。
大きく利幅を取るのではなく、コツコツと毎日確実に利益確定していくのがKICのスタイルです。 経験豊富なプロのアナリストが、お客様の株式投資を全面的にサポート致します。

サービスのご案内

新着ニュース

  • 2015年5月22日 日経平均6日続伸で+1σと+2σとのレンジ推移が継続

    本日の日経平均は6営業日続伸で、一時マイナスに転じる局面も見られましたが、5日線を支持線として下ひげを形成しての切り返しをみせています。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ推移が継続しており、+1σが支持線として機能しています。バンドは拡大してきており、+2σは20,366円辺りまで上昇しています。新値足は陽線が3本繋がっています。MACDは切り上がりを見せてきていますが、水準として依然としてピーク感はなく、強いトレンドは継続。ストキャスは過熱水準での推移。なお、現時点では4月高値が支持線として機能しています。ただし、20,087-20,130円辺りにマドを空けているため、マドを空けて調整を見せてしまうと、上にアイランド・リバーサル形状が意識される他、4月高値とのダブルトップ形状も意識されてしまうでしょう。


無料銘柄診断塩漬け銘柄等で、お困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい
金融商品への投資は、様々なリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。お取引を行う 際は、リスク等の重要事項や契約終結前交付書面、投資顧問契約等を熟読いただき、取引の仕組みやリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の責任におい て行って下さいますようお願いいたします。